×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ピアノ買取の仕組み、ヤマハ・カワイなど中古ピアノ日本メーカーブランドが海外で大人気

ピアノ買取

高額なイメージのあるピアノ
ピアノ査定後買取額は

  

ピアノ買取のカラクリ


ピアノ売ってちょうだい、電話してちょ〜だい。東京、大阪、名古屋、神奈川、福岡など大都市を中心にここ近年ピアノ買取のCM、雑誌の広告、新聞広告を目にする事が多いですね。一日にくどいほどピアノ買取と言うそのフレーズを聞く事があります。なぜこれほどまでにピアノ買取業者と言うのが増えてきたのでしょうか?

その答えは実に簡単なことなのですが、一言で言うとそれだけ儲けがでるからと言う事ができます。現在日本ではそこに目を付けた業者が乱立していると言う状態です。楽器業界外の業種からも様々な業者が買い取り業に参入をしてきています。

その儲けのカラクリですが、ピアノと言う楽器に対してどのようなイメージを持たれているでしょうか?それは”高級”と言う事ではないでしょうか?その昔ピアノと言えば家一軒買えるくらいのものであり、富の象徴でもありました。いわゆるお金持ちの家にしかなかったものなのです。しかし高度経済成長により日本のピアノメーカーがこぞって生産しだしました。ピアノが需要の増加により大量生産されたのです。その結果1970年代には一家に一台と言われるまでになりました。これは世界中を見ても極めて稀なケースだったのです。
しかしその高級なイメージのあったピアノも大量に普及されその価値は下がり今や買取の値段は元値の10分の1にも満たないほどです。しかし中古ピアノの売値は元値の一般的に3分の1ほどにはなります。その差額を考えれば儲かる商売と言っても良いでしょう。



後悔しないピアノ選び
        

買取ピアノその後


さて冒頭でも述べたとおりピアノ買取が儲かる商売だと言うことがおわかりいただけたとは思いますが、それだけでは他業種から参入したり、ピアノ買取業者が乱立し、広告費に多額のお金を使うと言うことは考えられません。実はピアノ買い取り業者が最も目を付けた市場と言うのが他ならぬ中国なのです。
現在中国では目覚しい経済発展を遂げ、日本の高度成長期を超える勢いで発展しています。上海や北京、都市部に住む人々は裕福な層が増えてきました。その裕福層が子供の教育にかける金額と言うものが並々ならぬものがあるのです。ピアノはその中でも人気の習い事の一つと言えるでしょう。そこでピアノ購入に至る訳なのですが、もちろん中国にも中国メーカーブランドのピアノはあります。しかし最も人気のあるピアノメーカーはダントツに日本メーカーなのです。

電子ピアノではないアコースティックピアノは精密機械であり、またその部品の大部分を木材やフェルト等天然の材料で作られています。少しの狂いがタッチに影響しひいては鍵盤を押しても音がでないなどの故障の原因になります。世界に多数あるピアノメーカーのなかでも日本製は最も壊れにくく丈夫に作られています。内部の精密さもヨーロッパメーカーのブランドピアノにもひけをとらないのです。しかもその値段は普通の生活をしている人であれば手に入るくらいに設定されています。新品が買えなくても中古でと考える人が多いのも当然の話です。しかも中古ピアノであればなおさら故障しにくいピアノを求めます。サイレントピアノや自動演奏ピアノも人気が高いようです。

このような事から日本でピアノを買取、中国やアジア諸国へ輸出することは多大な広告費をかけてでも業者がピアノ買取に必死になる所以なのです。

日本のピアノの将来


日本の使われなくなったいわゆる冬眠ピアノの数はまだまだ相当の数にのぼっています。一度設置してしまえばそう簡単に移動できないため、使われなくなってもそのままという家や施設が多いのは事実です。本当に冬眠ピアノになってしまった場合そのような業者に引き取ってもらい必要とされうところへいったほうがピアノとっては幸せかもしれません。

しかしピアノ王国と呼ばれた日本からピアノが少しずつ姿を消してゆくのは寂しい思いがするのは事実です。あなたのおうちのピアノもう一度見直してみてはどうでしょうか?音楽のある生活は人生に潤いを与えてくれます。誰にでも音を出せる唯一と言ってもいいアコースティック楽器ピアノ。

日本から大部分が姿を消し残り少なくなってきた時その価値が再び見直され、ピアノブーム再来となることがくるかもしれません。ピアノは電化製品とは異なりメンテナンス次第ではあなたの子供、孫まで引き継いでゆけるものです。ピアノに限らず日本国自体が大量消費使い捨ての時代から物を大切にリサイクルして使っていく時代へと更にシフトしていくことが望まれるでしょう。

<PR>楽譜を見てパッ!とピアノを弾く方法


Copyright (C) 2009 ピアノ買取 All Rights Reserved. プライバシーポリシー
<PR> ヤマハピアノ カワイピアノ 最新CD情報 DVD・ビデオ 通販生活 チケット売買 コンサートチケット ピアノ買取レコード屋さん 音楽